平成二十九年六月十一日 殉国七士廊 清掃活動

この日、殉国七士廊にて清掃活動を行った。
殉国七士廊とは、愛知県西尾市東幡豆町、三ヶ根山山頂にあり、大東亜戦争で日本が敗れ、東京裁判によって裁かれ絞首刑になった七氏

東條英機氏 (元首相・陸軍大将)
土肥原賢二氏(元陸軍大将)
広田弘毅氏 (元首相)
板垣征四郎氏(元陸軍大将)
木村兵太郎氏(元陸軍大将)
松井石根氏 (元陸軍大将)
武藤 章氏 (元陸軍中将)
が祀られた墓石「殉国七士墓」が置かれているところなのです。

殉国七士の墓

愛知県の三河湾を臨む三ヶ根山上に、東京裁判により昭和二十三年に絞首刑を執行された七人の方々の墓があります。
処刑には米・中・ソ・英の連合国代表が立ち会い、七人は陛下の万歳を三唱して台上の露と消えました。
この時、マッカーサー司令部が七人の遺体も遺骨も家族に渡すつもりがないことが判明し、なんとか遺骨だけは手に入れたいと考えた人たちがありました。
彼らは深夜、七人が火葬された横浜市久保山の火葬場に忍び込み、苦心のすえに遺骨の入手に成功します。
遺骨は横浜久保山興禅寺を経て、松井大将建立の熱海伊豆山の興亜観音堂に安置されていました。
当時、国の責任を極刑で一身にうけ、刑場の露となった殉国者に、日本の世情は冷たいものでした。長らく遺骨の埋葬さえ許されず、回向すら人目を避けて行わなければならなかったのです。
それから十年あまりが過ぎ、有志の偶然の出会いから三ヶ根山頂に七氏の墓地建設が決まり、遺族をはじめ政財界、その他各方面からの賛同を得て、昭和三十五年に殉国七士廟の完成を見ます。
同年、当地での最初の墓前祭が斎行されました。
以来、墓の管理と墓前祭が奉賛会によって連綿と続けられ、はや半世紀という年月が過ぎています。

一般社団法人殉国七士奉賛会ホームページより

 

カテゴリー: 最新投稿記事, 最新活動報告 パーマリンク

コメントを残す