支那に呑み込まれる台湾

台湾「立法院」が抗議民衆によって初めての占拠

台湾で、「サービス貿易協定」に反対する民間団体が国民党に不満を抱き、18日夜に立法院の外で抗議を行った。夜9時ごろ、サービス貿易協定に反対する300人ほどの大学生を中心とした集団は立法院の議場に突入し、大会議場を占拠。入口を椅子で封鎖して警察の進入を阻止し、現場は騒然とした。

3月19日、台湾の両岸<貿易協定>に反対する大学生約300人が、「立法院」の議場に強行突入し、国民党の「強行」審議に抗議した。抗議する学生達は「立法院」の警備ラインを突破し、「立法院」の会議場を占領した。議場に侵入した学生と民衆は議場中央の孫文の像の下に「占領」の文字を貼りつけた、これは国民政府が始まってから初めての占領である。

 

 

カテゴリー: 時事問題 最新投稿記事, 最新投稿記事 パーマリンク

コメントを残す