天皇陛下に不敬を働く

MSN産経ニュース2013.11. 1.12:46より一部抜粋

山本太郎参院議員(無所属)が秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡した行為について1日、閣僚や与野党幹部から、「(天皇の)政治利用そのもので、議員辞職ものだ」(下村博文文部科学相)などと、批判が相次いだ。
自民党の脇雅史参院幹事長は党役員連絡会で、山本氏が辞職しない場合は辞職勧告決議案の提出を検討すべきだとの考えを示した。
 参院議院運営委員会は同日午前の理事会で、山本氏に対する処分をめぐり対応を協議。岩城光英委員長が山本氏を国会内に呼び、事情を聴取した。
山本氏はこの後、記者団に対し「マスコミが騒がなければ、政治利用といわれることはなかった。
議会の沙汰があれば受け止める」と述べ、自ら辞職する考えがないことを強調した。

天皇陛下に不敬を働く  

 公職選挙法に違反していたにも拘わらず当選してしまった新人議員風情が、あろうことか天皇陛下に直訴するという、あってはならない、言語道断の暴挙に出た。
陛下の心労を気遣うこともせず、己の信条を場所も弁えずさらけ出し、あたかも陛下が原発の現状に無関心であるかのごとき誤解を与えかねない山本太郎の振るまいは、国民総てが日本人として罰するべきものである。
 陛下は震災直後から幾度も幾度も被災地を訪られ、那須ご用邸も被災者に提供し、自らも積極的に節電されているのを知っていてのことか。
こんな非常識極まりないような輩を当選させてしまった有権者とは・・・。
その有権者が、この男を当選させてしまった。国民が、劣化している何よりの証だろう。
戦後、こういった身の程知らない輩を矯正するには不敬罪摘要法案を制定すべき。

カテゴリー: 時事問題 最新投稿記事, 最新投稿記事 パーマリンク

コメントを残す