アングレーム国際漫画際(ヨーロッパ最大級の漫画イベント)が一月末に開催される。

 嘘の歴史をこれでもかと発信し続ける特亜に対し、これまで日本政府の重い腰はピクリとも動かず仕舞いで来たが、安倍政権になり僅かであるが動き出したようにも見える。
しかし、そのような政府の姿勢に一国民として、最早、看過してはいられないという強い思いで立ち上がるグループが次々と出てきている。
 カリフォルニア州(グレンデール市)の慰安婦像に対する抗議活動(なでしこアクション・代表 山本優美子氏)もしかりである。
 この度は、日本に対して捏造された歴史を世界中にばら撒く中韓に対し、立ち上がった人達がいる。
政府が、やらないのであれば我々がやるという断固とした決意と気概を感じる
 論破プロジェクト 以下その内容については、下記から閲覧して戴きたい。

http://rom-pa.com/aboutus ← こちらから

 

カテゴリー: 時事問題 最新投稿記事, 最新投稿記事 パーマリンク

コメントを残す