表現の自由がまたせばめられた

出版関係者の間では既に知られた話であるが、一部の出版社が外注の編集者やライターたちに対して、このような「誓約」を強制し始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表現の自由の抑圧を示す例である。 私が暴対法に反対したのは、こうした事態になることがわかっていたからだ。

問題は、署名捺印を強要されて食うために従うしかない末端のライターたちの存在である。

さらに、こうした抑圧は、いずれノンフィクションや文芸、映画、音楽などあらゆる表現の抑圧につながることは間違いない。

映画『ゴッド・ファーザー』の「愛のテーマ」も聴けなくなる日が来るのか。

2012年8月2日 宮崎学
宮崎 学オフィシャルサイトより

カテゴリー: 時事問題 最新投稿記事, 最新投稿記事 パーマリンク

コメントを残す