ゾンビ福田「靖国参拝で日本の外交は百年ダメになった」

 「いつまで総理をやるつもりか」「日本をめちゃくちゃにするつもりか」
 福田康夫元首相は、支那を支援する国際会議「ボアーアジアフォーラム」の理事長としての北京を表敬訪問。
「再会出来て嬉しい、訪中を歓迎する」と近平は福田との会談で述べていたという。
もともと支那が主催する海南島で開催される国際会議は、スイスのダボスで開催されている世界の政治家・財界人・知識人が集まる国際会議(ダボス会議)を主催する世界経済フォーラムにならい、そのアジア版を目指して、支那の全面的支援を受けて構想されたもので、シナがアジア諸国を取り込むための戦略としてアジア板ダボス会議を真似て作ったものである。
 支那は、日本を取り込むために首相時代に対中関係を重視した福田を理事長にした。
習近平は、七月に福田と会談した際、日支首脳会談の条件として「尖閣問題を認める」「首相は靖国神社を参拝しない」の二つの条件を福田は、この支那の言い分を安倍首相に強要するも安倍首相に一蹴される。
困った近平としては日本側から何の譲歩も得られぬまま会談に応じれば自分の面子が潰れる、そこでもう一度支那の言いなりになる福田を北京に呼びつけた。
日支関係筋によると支那がコントロールできる自民党議員は七人いるそうだ。
①河野洋平、②福田康夫、③野田毅、④二階俊博、⑤加藤紘一、⑥山崎拓、⑦高村正彦、つまり正真正銘の売国奴。
さこで福田は、自分の言うことを聞かない安倍首相の外交を批判し始めた。
福田は、親しい記者に「自分は近平が国家主席就任後にすでに三回会っている。
安倍首相との会談を拒否した李克強とも気軽に会った」と自慢している。
福田が支那工作員であることを過去の事例を上げて証明する。

  • 福田元官房長官の支部、総連系企業から献金
  • 拉致被害者が二〇〇三年に帰国した際、五人を北朝鮮に帰せと主張
  • 病気治療のために来日する李登輝台湾総統のビザ発給に最後まで反対、欧米を唖然とさせる
  • 日本国憲法の改正は中韓に御伺いを立てる必要があると講演会で発信
  • 靖国参拝は、中国、韓国への配慮が必要
  • 上海日本総領事館の館員自殺問題をもみ消す
  • 轟沈した北朝鮮不審船の引き上げに反対
  • 中国原潜が侵入した時、首相官邸に報告上げず、原潜が逃げ出すまで中国
    大使と時間稼ぎ
  • 人権擁護法案推進
  • 移民一千万人受入推進(国家戦略本部本部長)
  • 毒ギョーザ問題うやむや
  • 長野暴動(中国人犯罪者を逮捕するな指令)
  • 中国へ東シナ海のガス田を献上
  • 北朝鮮経済制裁解除
  • 留学生三十万人受入推進(奨学金は全額税金で無償給付)

自民党内の獅子心中の虫を排除できるのは一票を持った国民だけだ。

 

カテゴリー: 不条理の会, 最新投稿記事 パーマリンク

コメントを残す