平成25年9月15日 在名古屋大韓民国総領事館に抗議文を投函

 度重なる南鮮人による我が国への冒涜行為に対し怒りの抗議の声をあげた。
いわゆる従軍慰安婦問題に端を発し謂れなき罪をでっち上げては強請、たかりを執拗に繰り返す行為は何としてもやめさせなければならない。
ここまで日本を貶める国家を見た事が在るだろうか! 我が国の執るべきは日韓断行しかないだろう。
これ以上、南鮮とは関わりを持つ必要は全くないと断言する。
 
 

抗議文

現在、韓国によって我が日本国ならびに日本国民は貶められている。
七年後の五輪大会は東京に決定した。その一番大事な招致活動の最中、貴様達韓国政府は東北の水産物を輸入禁止にした。
これは看過できない、卑劣なる妨害工作ではないか。
中立の立場であるべき国連の事務総長たる要職者が自国の立場に立った発言は前代未聞でありあってはならない事だ。
国連は韓国人を要職に就かせた時点で終わったといっても過言ではない。更には我が国固有の領土「竹島」の不法占拠。
このような官も民も反日に凝り固まった原因に「日本による植民地支配」が根底にあり「恨」をもって生き甲斐とし、それをエネルギーとしているのだ。
しかし、歴史の真実とは貴様たち韓国人が創ったデタラメ史実ではないか。
李氏朝鮮時代、清国の属国から日清戦争によって我が日本が勝利したことで大韓帝国となって独立ができた。
日韓併合までの朝鮮は餓えと貧困に苦しんでいたが、この日韓併合によって日本が莫大な資金を投入して、医療、教育、生活の向上の為に力を注ぎ、朝鮮に法治国家としての基礎を作り、今の韓国の近代化は、我が日本の恩恵によるものだ。
まさしく、日清・日露の大戦は我が日本の先人が朝鮮人のために命を掛けて戦って勝利したものである。
現在の韓国が在るのは、いったい何処の国のおかげなのか分からないのか。
韓国の発祥の原点とは、明治三十四年の「日韓併合」によって始まり、当時日本は、朝鮮半島の全土に鉄道網をひき、学校や病院をつくり、疫病を撲滅し、半島の治安を守った。
本来ならば、この「日韓併合」に於いて韓国国民が、日本に感謝する事はあっても、日本が貴様らに恨まれる筋合いなど一切無い。
韓国政府の非常識極まりない、歴史捏造や反日教育により、「日韓併合」が日本による「植民地支配」にすり替えられ、本来ならば、恥ずべきである「韓国人売春婦」を恰も日本が強制連行したかの様に外交カードとし世界に発信しているが、実情は、強制連行していたのは朝鮮人の業者であり、当時のGHQの調査でも明らかになっており、しかも朝鮮戦争の折、米国兵あいてに売春婦(洋公主ヤンゴンジュ)が朴槿恵大統領の父親の、朴正煕元大統領の命によって成した国策であったのも事実ではなかったのか。
米国兵を相手に集まった娼婦はその当時三十万人も居たと云うではないか。
売春を唯一の産業として清国の属国だった時代から何一つ変わらない韓国文化の恥部を我が日本人がやったことにすり替えそれを世界中に広め被害者面で我が国に対し今なお賠償請求するとは、恥も外聞も無い民俗性は、家畜にも劣る蛮行ではないか。 恥をしれ!
我が国は、昭和四十年に締結した「日韓基本条約」に於いて、千年も待たせずして、韓国に対する全ての「戦後賠償」は、莫大な「経済協力」を以て既に解決済みだ!
しかしながら貴様たち韓国人は我が日本企業に対し戦時徴用の不払い金の訴訟においてソウル高裁で我が国に賠償命令を下した。
これは日韓請求権協定によってすでに解決されているにも関わらず貴様たち韓国人は金をたかり協定違反を侵している。
国と国との条約や協定を一方的に破るという行為は我が国に対して宣戦布告を宣言したものと受け取る。
日本政府が何と言おうと貴様たち韓国人の異常なる反日行為を日本国民は我慢の限界にきており、まさに堪忍袋の緒が切れる状態である。
いくら打開策を見つけようとも打開策はすでに日本人の心には無く、日本国民が望むところは日韓断交のみである。
これ以上、我が日本に関わりを持つ事無く、速やかに日本に居座る在日韓国人を祖国に連れて帰って頂きたい。
隣国でありながらここまで我が国に対する非礼、曳いては畏れおおくも天皇陛下に対する無礼千万な言動を侵し続けてきた貴様たち韓国人とは一切関わる事がない様、この書をもって抗議ならびに宣言とする。

皇紀弐阡六百七拾参年 平成二十五年九月十五日

社会の不条理を糾す会 木村髙幸

大韓民国 大統領  朴槿恵殿

カテゴリー: 不条理の会, 最新投稿記事 パーマリンク

コメントを残す