平成二十七年八月九日名古屋駅前立会演説

社会の不条理を糾す会 
 社会の不条理を糾す会(名古屋)は、八月九日に合わせ名古屋駅前にて街頭演説を行った。
この日は、今から七十年前、長崎に原子爆弾(プロトニウム型)を落とされ、ソ連(現ロシア)が、日ソ不可侵条約を一方的に破棄し、我が国に対して宣戦布告をし、北方領土奪われた日本にとって、屈辱の日である。
各弁士は、この日に因み、敗戦の屈辱は、二度と繰り返してはならない様、国防強化につながる法整備の急務を訴えた。

DSCN4809 DSCN4734DSCN4734
DSCN4713 DSCN4760 DSCN47811

 

 

カテゴリー: 不条理の会, 最新投稿記事, 最新活動報告 パーマリンク

コメントを残す