また火種を放った害務省

  「明治の産業革命遺産」の世界遺産登録が認められた。しかし、南朝鮮への配慮?から「強制労役」という、ありもしない文言を用いた佐藤地ユネスコ全権大使ほか害務省ボン派遣組の売国官僚。
「Koreans and others who were brought against their will and forced to work under harsh conditions」
「多くの朝鮮半島の出身者などが、その意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた」
「情報センターの設置など、適切な措置を取る」
「forced to work 」とは、何を意味するかは、優秀な成績で外務官僚となった者たちなら理解出来る訳だが、岸田外相も「強制労働を意味するものではない」と釈明している。
こんな取り繕いが世界各国に理解されるものだと思っているのだから、なんとも目出度い外相だが、あとの祭りだ。
「forced to work」は、1930年に成立したILO第29号条約(「強制労働に関する条約」)における表現であるforced laborと表現が似通っている為、南朝鮮に政治的に利用される余地を与えてしまったのだ。
ILO第29号条約は、成立が昭和五年(1930)なので、日本政府が強制労働を認めたとなると、国際法に違反したことになる。
案の定、米・英メディアは、次のように報じている。

【CNN】
Scenes of the atrocities of war crimes – Japans bid for industrial stesas Wold Heritage
「戦争犯罪である残虐行為が行われた場所が日本の世界遺産となった」

【英紙テレグラフ】
Japanslave labour sites receive world heritage status
「日本の奴隷労働の遺跡が世界遺産に」

【英紙ガーディアン】
forcedlabour Japan sites get world heritage status after forced labour acknowledgement
「日本が強制労働の事実を認めたことで世界遺産に登録」

【米紙ワシントンポスト】
Tokyo and Seoul resolveda spat over whether to acknowledge the sites’
history of wartime forced labor, particularly that of Gunkanjima, or BattleshipIsland.
「軍艦島における戦時の強制労働の歴史を認めたことで世界遺産に登録」

すなわち、軍艦島とは、日本のアウシュビッツであると言っているのだ。
アングロサクソンが何を言おうと構わないが、これが、南朝鮮による「慰安婦」に続く、「ユスリ」「タカリ」の 格好の材料となってしまったのだ。
実際、南朝鮮では「日本に強制労働を認めさせた外交的勝利」と見なしている。
元々、南鮮政府は世界遺産委員会委員国に対し、反対票を投じるよう説得する書簡を送付し、日本政府の行動を非難する決議を採択していた。
さらに朴槿恵はユネスコのボコバ事務局長に「(日本の登録申請は)世界遺産条約の精神から外れ、国家間の不必要な分裂を招く」と工作活動を展開している。

戦時徴用を「強制労働」にすり替え、「ユスリ」「タカリ」の材料にする南朝鮮の伝統的手法を日本政府は学習している筈であるが、またしても「はめられた」のだ。
日本国内では昭和十四年(1939)の「国民徴用令」制定に始まり、朝鮮半島には終戦1年前の昭和十九年(1944)から施行された。
従って、「明治の産業革命遺産」の登録申請は、非西洋世界における近代化の先駆けを軸とし、その期間を1850年代から1910年としている。
日本政府が従来から主張する通り、南鮮の戦時徴用は時代が大きく異なっていることが明白ではないか。
しかも、南鮮が徴用を問題視する軍艦島等の労働報酬や環境は、一般の国民よりも高かく、強制労働どころか、差別もなく、日本人と同じ待遇だったという証拠も存在する。
朴大統領の父親が血判書まで出して日本軍に志願したように、朝鮮半島出身者の多くも待遇や給与に惹かれ志願して従事した出稼ぎ労働者にすぎないのだ。

いずれにしても、今回の日本政府の大失態は後々、過言を残すことは必死だ。
いわゆる従軍慰安婦のウソがばれ始めた南朝鮮による「次の一手」が開始されたことは間違いない。
青山繁晴氏は、「日本のユネスコ大使らが現地で行ったスピーチは、外務省が作成し、安倍総理はその中身を把握せず岸田外相を信任していた。」
「force to work」という言葉を使ったのは外務省と現地組の事実上の独断だった。」と指摘している。
この裏には、南朝鮮のSGI(創価学会インターナショナル)が関与しているとも言われており、連立与党である「公明党」の暗躍とも囁かれているという。

このように先人達の偉業を貶めてまで世界遺産登録する必要があったのだろうか。
南朝鮮は、「松下村塾」にケチを付けようとしているともいうではないか。
たかが、世界遺産登録というよりも、我々先人達の名誉を守ることを優先することが重要であり、ユネスコからの脱退も日本政府は考えるべきである。

 

カテゴリー: 時事問題 最新投稿記事, 最新投稿記事 パーマリンク

コメントを残す