反日国(南朝鮮)への修学旅行とは?

 修学旅行というのは学生時代の大きな思い出になる。
それが反日組織に利用されて南鮮にまで行かされて、お金を使わされ、嘘の歴史を見せられ、学生たちは、見たままを信じ、如何に日本が悪かったかを刷り込まれる。
我が国の先人たちに誇りを学べるところがたくさんあるにもかかわらずだ。
しかし、あえて反日国の南朝鮮へ修学旅行に行く高校がある。
南鮮政府が修学旅行を全面禁止している中、南鮮への修学旅行を強行した日本の高校がある。
高校野球の甲子園大会でお馴染みの奈良県の智辯学園高校と和歌山県の智辯学園和歌山高校だ。
 智辯学園の藤田清司(ふじた・きよし)理事長は「古代からの日韓交流のルーツを知り、豊かな感性を持つことです」と南鮮修学旅行の意義を強調したとのことだが、藤田清司の先代の理事長だった藤田照清が平成21年に述べた事がある。
しかも、この前理事長は次のようなことまで発言している。
「当初の韓国旅行は日本文化の根源を見るためだった。 飛鳥文化の中心である奈良の文化が韓国から伝来したことを生徒に見てほしかったからだ。 しかし修学旅行を続けながらの植民地時代35年間の日本の蛮行を知ることになった。 その後、韓国への修学旅行は贖罪の旅行になった。 決心もした。 少なくとも35年は贖罪する気持ちで修学旅行を続けなければいけないと。 そして今年ついに35年になった。」

朝鮮からの文化伝来などは何一つない

 「飛鳥文化」とは、一般的に6世紀の百済からの仏教渡来(報告)から7世紀の「大化の改新」(646年)までの「仏教文化」のことをいう。
朝鮮人や智辯学園前理事長の藤田照清のようなものたちは、頻繁に「朝鮮が日本に仏教を伝えた」、「飛鳥文化の中心である奈良の文化が韓国から伝来した」と主張するが、実際には日本への仏教伝来について、朝鮮が果たした役割なんて無い。
4世紀頃391年、倭が、海を越えて襲来し、百済や新羅を破って服属させてしまった「広開土王碑」)から7世紀(白村江の戦い:663年)まで、朝鮮半島は九州などと同様に日本(倭国)の一部だった。
 百済王は、天皇によって決められ、日本生れの「東城王(末多王)」や「武寧王」などが日本(九州)から朝鮮半島に渡って行って即位していた。
仏教は百済の文化でも朝鮮の文化でもなく、インドで生まれた文化であり、百済には支那(東晋)経由で伝わっていたに過ぎない。
 智辯学園理事長の藤田某が朝鮮人の話を信じ込み個人で謝罪するのは勝手だが、何も知らない生徒たちに嘘、出鱈目を吹き込むなどとは許されることではない。
南朝鮮は、国家ぐるみで、歴史を捏造・偽造している国なのだ。

朝鮮人売春婦に日本の高校生を土下座させる鬼畜高校

 もう一つ有名な反日校がある。卒業式の「日の丸・君が代」問題を苦に校長が自殺した広島県立世羅高校だ。
この高校では毎年、生徒を修学旅行で南朝鮮に送り、ソウル市内にある「独立運動記念公園」で謝罪文を朗読するなど“謝罪行事”をしている。
「日本軍性奴隷(日本軍慰安婦)とされた人々の苦悩の深さと日本軍の扱いの実態を知る」。
 当時は従軍慰安婦という言葉はなく、貧しい女性たちが苦しい生活していた家族のために自ら慰安婦となって莫大なお金を稼いでいたのであって、性奴隷というのはむしろ朝鮮人がしてきたことだ。
 戦後、日本人女性は、朝鮮人等の性欲のために強姦され、孕(はら)まされ、福岡の二日市保養所では多くの女性たちが堕胎したのであって、その屈辱を想い出したくないがために日本人女性たちは二度と口にせずに、その後の人生をひっそり生きてきたのだ。
南鮮軍がベトナム戦争で起こした強姦ではライダイハンという朝鮮人の混血児の問題がある。日本人を強姦魔のように言う南鮮人こそ真の強姦魔であることをきっちり教えるべきであろう。
 それにしても船や地下鉄やバスで事故が続発し、安全体制への疑問はもちろん、フェリー沈没事故では、修学旅行中の子供達を救うべき船員が我先に逃げ出し、多くの学生が犠牲になり、自国のインフラに、安全基準に、そして運用する人間を信用できず修学旅行を危険なものと見なし、中止する動きが出ている。
南鮮人自信が信頼しない自国内の修学旅行を中止する中、何故、南鮮より安全な行き先を無数に選べる日本の学校が行くのだろうか?
南鮮へ渡航する日本人も減っている。
安全を担保にしてまで行っても、得るものが皆無の国への修学旅行は、不安を覚えながら行くべきものではない。
加えて衛生事情が、かなり悪く、朝鮮産海産物の人糞汚染が判明し、アメリカでは輸入禁止措置がとられた程だ。
 日本国内で数例起こったヒラメの食中毒の原因も朝鮮産のヒラメだ。
他にも代表的な朝鮮料理キムチから寄生虫、お菓子から細菌が検出される事例、そしてソウルの水源に人糞が含まれる下水が意図的に流し込まれていたことも報道されていた。
その水源の水はもちろん飲食店や宿泊施設でも使用されている。
そして飲食店で食材の使い回しが横行しているなど、不衛生な事例は数多く報告されいる。
また、反日教育が長年行なわれている南朝鮮では、日本人になら何をしても許されるという傾向もあり、飲食店やタクシーでぼったくりが横行、日本人を狙った性犯罪も数多く発生しているのにもかかわらず日本のマスコミが報じていない事実がある。
旅客船の事故を受けて見直しの議論が始まっている可能性もある高校も増えていると言うが、実際には多数の高校が南朝鮮への修学旅行を画策している。
鳥取西高校・秋田県立能代松陽高校・岡山県岡山城東高校(国際学類研修)・三重県立昴学園高校・広島市立広島商業・秋田県立横手清陵・千葉県立成田国際高校・新潟県立高田南城高校・静岡県立佐久間高校・福岡県三井中央高校・東京都立国際高校・東京都立神津高校・大阪府立貝塚高校・鳥取県立倉吉東高校、・愛媛県立新居浜商業高校 ・・・。
他にも多くの高校が南朝鮮への修学旅行を画策しているというのだから、呆れる。
仮にこれら高校がフェリー沈没事故を受けて旅行先を変更や中止にしたとしても、それはただ、安全面のみを考えてのことであり、決して南朝鮮を嫌いになった訳ではないことを認識するべきだ。
 公立高校では最近は文科省の意向もあって修学旅行の行く先は、保護者の無記名アンケートをとるところが多いようだ。
中には「生徒が行く先を決める」という学校もあるが、たいていは生徒の意見など聞かずに「最初から決っている」場合が多いのだろう。
 一般的には、「学校(教師)が決めている場合」と「都道府県の都合で決めている場合」がある。高校教師が所属している組合は「日本高等学校教職員組合(日高教)」が最大手だが、日高教は共産党系の全教の有力組合だ。
従って自虐教育史観を持った教師が、南朝鮮への謝罪旅行として「修学旅行」を計画する場合もある。
表向きは「国際交流」であったり、「姉妹校があるから」と言うが、実態は、「自虐史観教育の実践」でしかないのだ。
何度でも言うが、南朝鮮に行って失われるものがあっても得るものなど何もない事を断言する。

「広島県立世羅高生の韓国修学旅行体験記」以下、女子高校生の体験記より 

こんばんは。初めて書き込みします。私は高校2年で今日修学旅行から帰ってきました。 旅行は韓国に行って来ました。
初めての海外旅行で行く前はすごく楽しみだったのですが、なんだかとてもいやな思いをしました。誤解がないようにしておきますが、韓国の人に別に嫌な感情とか持っていません。 というより、あまり韓国に興味がなかったのです。だけど韓国行きが決まってからいろいろ韓国の勉強をしました。
だからこそ今回の旅行は残念なことばかりでした。
 旅行中、大きな体育館みたいなところで元従軍慰安婦のおばあさんのお話を 聞く機会があったんです。
私は昔日本の軍隊が酷いことをしたからこれは素直に申し訳ないと思います。 だからお話も真剣に聞いていました。
お話が終わって、信じられないことを私たちは要求されました。司会をしていた男性が「このおばあさんに手をついて謝りましょう」と言ったのです。
???、確かに私たちは日本人だけど、どうして手をついてまで謝らなくちゃいけないんだろうと疑問に思っていたら先生方が「それでは、みんな正座して頭を下げて申し訳ありませんと言いましょう」と言いだし、先生が「申し訳ありません」と最初に頭を下げました。 突然のことにみんな少し唖然としていると、「おい、早くしないか!」と先生の怒鳴り声!
 私のクラスのちょっと態度の悪い男の子達が「どうして私が土下座しなくてはならないのか!」と答えると、体格のいい教師が強引にその生徒を座らせました。その生徒は普段みんなに怖がられている悪い生徒でしたが、このときばかりはみんなその生徒に同調していました。
一番頭のいい男子生徒が普段は先生に口答えとかしたとこ見たことないのですが、猛烈に先生に抗議しました。それに同調するかのように「私はしない」「やらない」の声があがり始めもう周りは騒然としました。
そうしたら韓国の関係者の方々がなにやら怒りだして先生に怒鳴りつけていました。
 元慰安婦のおばあさん激しい怒った口調で言っています。
それからしばらく先生の謝れというのと一部生徒の拒否で口論した後、先生方が「土下座ではなく座っていてもいいから頭を下げなさい。おまえ達は 日本の恥を外国で晒す気か!」と言って、結局、私たちは頭を下げさせられ「申し訳ありません」と謝りました。
私は納得がいかない思いでいっぱいでした。
確かに私たち日本人の祖先が過去に韓国の人に苦痛を与えたのかもしれませんが、その理由で私たちが土下座をする必要があるのでしょうか?
これは修学旅行の第一日目におこったことでその後は、もうめちゃくちゃでした。 まだまだいっぱい嫌なことがありました。
友達の中には先生に切れてさらに韓国が大嫌いになった人もたくさんいます。 こういうこと(謝ること)は普通なのですか?
 修学旅行から帰ってこのことを父に話したら絶対におかしいと怒っていました。
学校に抗議するといって いましたが、私はあまり騒ぎを大きくしてもらいたくないのでやめてもらいましたが。
私はあまり勉強もできなくて学校自体もそれほど偏差値のいい学校ではありませんが、初めて 真剣に日本のこと、日本人であること、韓国のこと等考えました。私は間違っているのでしょうか?当たり前のことなのでしょうか?                                       

朝鮮人に土下座する日本の修学旅行生たち。

カテゴリー: 時事問題 最新投稿記事, 最新投稿記事 パーマリンク

コメントを残す