ヘイトスピーチというレッテル貼りは、 もはや通用しない!

 heitosupi-chi

    国連の人種差別撤廃委員会の対日審査の会合が、ジュネーブで開かれた。
日本政府への勧告書となる「最終見解」では、在日韓国・朝鮮人らに対するヘイトスピーチ(憎悪表現)の法規制導入を求める意見が盛り込まれる方向となったという。
    この、国連人種差別撤廃委員会という組織だが、これは、正式な国連の組織に非ず、国連人権理事会の補助的組織に過ぎない。

従ってこの組織は、NGOといった思想の偏ったロビー活動の集団がクレームを付けているだけであり、あたかも、国連本体が我が国に勧告をしているかのようにマスコミなど反日勢力が錯覚させているのだ。

そもそもヘイトスピーチの起源とは南朝鮮ではないか。

これが、南朝鮮によるヘイトだ!

heitosupi-chi2

南鮮国内で繰り返される反日デモ。

そこで行われる日本に対する「ヘイトスピーチ」を見て、多くの日本人は怒りを覚える。
それが今日の日本におけるヘイトスピーチの背景にあることは想像に難くない。
   エセ保守の中にも朝鮮人に対するヘイトスピーチを規制しろと言っている者がいるが、日本人は、人種差別をする民族である筈がない。
    そもそも、日韓併合を期に朝鮮人が日本に住み着き、日本人と同等の生活を送って来れたではないか。
その中にあって在日朝鮮人等による犯罪率は著しく増え、特に日本が混乱している状況下では、朝鮮人犯罪者が増加している。
    関東大震災や敗戦直後では、徒党を組んでは日本人を多数殺害している事実がある。
それでも時の政府は、朝鮮人だけに対しては、寛容であった。
しかも、特権まで与えてだ。
    戦後、朝鮮人だけに与えられてきた「在日特権」の異常を訴えれば、「差別」という烙印を押され日本人の言論が封殺されてきた。
在日特権の異常さを訴え、作られたのが「在日特権を許さない市民の会」、「在特会」であろう。
「ヘイトスピーチ」そのものが賞賛されるべき行為ではないが、日本が嫌いで嫌いでしょうがない外国人が日本に居座り、反日活動などをしている事への反発であり、人種差別でも何でもない。
    そもそも戦後一貫として「ヘイトスピーチ」をやっている南朝鮮の反日デモに目をつぶり、日本人にだけを槍玉に挙げるのは、日本人に対する差別意識があると言わざるを得ない。
日本を批判する以上に南朝鮮を批判すべきである。
    日本の国旗を踏んだり、破いたり、火を付けたり、ハーケンクロイツを書き込んだり、日本国の総理大臣や畏れおおくも天皇陛下の御真影に対しては土足で踏んだり焼いたりとやりたい放題だ。

むしろ、こちらの方が大問題ではないか。

しかも南鮮国内に留まらず、世界中にありもしなかった歴史を捏造して日本への侮辱を広めている銅像や石碑は、ヘイトスピーチ以上のものだろう。

 heitosupi-chi3 heitosupi-chi4

     南鮮の酋長が外交先でことごとく日本を非難し、まるで日本を非難するために外遊している。
南朝鮮は被害者、日本は加害者であると未だに位置づけ、60年以上も昔のことを、あたかも最近に起こったかのような勢いで言いふらす。
やっていることはヘイトスピーチと大差ない。
これを日本人が見れば、反発するのが当然ではないか。
    さんざん、日本人に憎まれるような事をしておいて、日本人が朝鮮人非難をすると、ヘイトスピーチと非難する。
こんな身勝手な事を主張する南鮮は、頭がおかしいとしか言いようがない。
南鮮は国を挙げ、挙国一致で日本を憎み、日本へのヘイトスピーチを繰り返し、まるごと反日国家である。
こんな国と正常な外交などできるわけがないだろう。
    過去の歴史を持ち出しては「韓国人はこんなひどい目にあったのだから、日本人に対するヘイトは当然」などと、自分たちのヘイト行為を正当化しようとする。
これは、繰り返し繰り返し、何度も何度も他人の古傷に塩を塗り込む行為以外の何物でもなく、卑劣で我々日本人の最も嫌いな行為である。
「ヘイトスピーチ」を規制する法案とは、名前を変えた「人権擁護法」そのものである。
この法案が通れば、底無しに特亜3国などからの訴訟が湧き起こるであろうことは、難くない。
    我が国は、南朝鮮による竹島の不法占拠という事実を世界に向けて声高に言わねばならない。
更に2万人とも5万人とも日本にいる南鮮人売春婦を一人残らず強制送還させるべきであろう。
ヘイトスピーチという発生源の元は、すべて朝鮮人側にあることを世界にもっと発信せねばなるまい。

 

カテゴリー: 外交問題 最新投稿記事, 最新投稿記事 パーマリンク

コメントを残す