特亜三ヵ国に感謝!

 紀元 弐阡六百七拾四年、平成二十六年を迎え、謹んで天皇皇后両陛下と御皇室の弥栄を御祈念申し上げます。
実に晴れ晴れとした心持ちで新年を迎えられた。日本国民にとって、昨年、暮れの安倍総理による靖国参拝で七年間の胸のツカエがようやく取れたことだろうと思われる。
実際、この影響によって、低迷していた安倍内閣の支持率が上がっている。
 支那・南朝鮮の代弁報道をしている朝日新聞の読者を対象にしたアンケートでも参拝賛成が、71%にまで上昇していると云う。しかし、マスコミがこの事を報道したのを見たことがない。
何が何でも安倍政権バッシングを続ける反日国内マスコミ(朝日・毎日・NHK・日経・北海道・中日(東京)・琉球・沖縄)各社は米国国務省の「安倍総理の靖國参拝に失望した」という声明を取り上げ、懸命に国民世論を反安倍へと誘導している。
 しかし、これに反発をしている海外とは、実は支那・南朝鮮の「二カ国」だけであるという事を、ネットの普及した現在の状況では、ほとんどの国民がその事実を知っている。
支那・南朝鮮に加え北朝鮮を入れた三ヵ国を、特定アジア三ヵ国として「特亜」と呼ばれている。

誘導報道するマスコミ 

  国内の反日マスコミの報道として海外の「アジア」を指すところは「特亜」なのである。従って、我が国に敵対する国の代弁者となり、それにより 戦後世論を誘導してきたことになる。
ところが、異常なる特亜の反日行為(南京虐殺の嘘・尖閣領有問題・竹島略奪・天皇陛下への謝罪要求・戦時売春婦・日韓基本条約破りの戦時徴用問題等々)が次々とメッキが剥がれてきていることに対し日本国民の「堪忍袋の緒」が切れ始めてきているのだ。
 戦後、平和ボケした日本人と云われてきたが、一度怒れば団結して戦う民族である。
そのきっかけを引き出してくれたのが実は特亜三ヵ国であり、日本民族再起を促す行為と歓迎したい。ありがとう支那・南北朝鮮!
 今後、益々日本に対しあらゆる方法を弄して、攻撃して欲しいと思う。
特亜が攻撃すればするほど、日本国は力強く蘇るだろう。
何故なら、彼らの主張の真逆が我が日本国の国益であるからだ。

地球儀

 

カテゴリー: 地球儀, 最新投稿記事 パーマリンク

コメントを残す