靖國の英霊は性犯罪者か?

 慰安婦問題合意
靖國の英霊は性犯罪者か?
岸田文雄外相は12月28日、ソウルで韓国の尹炳世外相と臨んだ共同記者発表で「軍の関与で女性の名誉を深く傷つけた。日本政府は責任を痛感している。安倍晋三首相は日本国の首相として改めて慰安婦すべての方々に心からおわびと反省の気持ちを表明する」と述べた。
                                       岸田氏は「日本政府はこれまでも真摯に取り組んできたところ、その経験に立ち、日本政府の予算により全慰安婦の心の傷を癒す措置を取る。韓国政府が元慰安婦の支援を目的とした財団を設立し、日本政府の予算で資金を一括で拠出し、日韓両政府が元慰安婦の方々の名誉と尊厳を回復し、心の癒しのための事業を行う」と説明。また、「今回の発表でこの問題が最終的、不可逆的に解決されることを確認する。国連および国際社会で互いに非難、批判することを控える」と述べた。

以上産経新聞より引用

 まず、問題の前に南朝鮮との関係を修復して日本に利はあるのかと言いたい。
                                        我が国からすればそもそも問題の無いものを問題とされ、しかも過去既に人道的見地からの対応(日韓基本条約)も済んでいるにもかかわらず、南鮮の大統領が変わる度に何度も蒸し返され、「お詫び」と「反省」を言わされ、国民の血税までむしり取られる始末。

この捏造慰安婦問題をしたたかな朝鮮人が対日外交としてのカードを易々と手放す甘い幻想を安倍首相も岸田外相も心のどこかに抱いているいたとしたら、あまりにも朝鮮民族に対する認識不足としか言いようがない。

 安倍首相は、歴代内閣の謝罪発言を「踏襲する」にとどめてきたが、今回は南鮮の大統領との電話会談で「日本国の首相として心からお詫びと反省の気持ちを表明する」と直接伝えたという。
そもそも、いわゆる従軍慰安婦を世に出したのは朝日新聞だ。
その朝日新聞が長い時を経て「捏造」を認めたではないか?
しかも日米政府の調査でも日本軍が慰安婦に関与した資料は、タダの一件でも出て来てはいないではないか?
これを「軍の与関あり」「政府は責任を感じている」とは開いた口が塞がらない。
むしろ、慰安婦として「強制的に連行するな」 と厳しく取り締まった事実しかなかったのだ。
百歩譲って、人道的見地から当時、身売りした売春婦への慰めの言葉としても過去の歴史的事実を今の価値観で断罪することは、今を生きる人間の自己満足、自己陶酔に過ぎない。
当時の兵隊さんを慰める慰安婦の存在は常識的なことだったのだ。
それを戦後売春禁止法が成立した現在の価値観で断罪することは間違ってはいないか。

                                       それを何だと、「日本軍の関与を認めた」「南鮮政府が要求していた元慰安婦支援の拠出金10億円」だと? ソウル大使館前の慰安婦像の撤去については「南鮮政府が関連団体との協議について適切に対処するよう努力する」と「努力目標」にされてしまったではないか。
「国際社会で相互に批判しないこと」としたが、相互ではなくて南朝鮮のみが日本を批判しているだけだ。
最終的、不可逆的に解決されたというが、何度も言うが、この慰安婦問題を易々と南朝鮮が手放す筈が無く、政権が代われば又、蒸し返すに決まっている。
まったく外交交渉になってはいないではないか。
湯水のように国民の血税を朝鮮の売春婆に垂れ流し、問題解決を図ろうとしても日本の名誉がどれほど損なわれているのか分かっているのか。
問題解決どころか、我が先人(英霊)は「性犯罪者」の烙印を押されてしまったではないか。
おそらく、これを見た当時の関係国(台湾・支那・フィリピン・インドネシア・オランダ)などの元売春婦達が勢いづいて国家ぐるみで集ってくるであろう。
                                       あくまでも推測ではあるが、今回の合意の裏には、米国の暗躍があったのではないかと思う。
産経新聞の加藤支局長の無罪判決から今回の妥結まで、米国がすべて筋書きを書き、日本と南朝鮮両政府に圧力をかけた結果だったのではないかと推測する。
あまりにも早い米国からの歓迎声明がその証左であろう。
支那共産党や北朝鮮による軍事的脅威から鑑みても日米韓の三ヵ国、これに台湾を加えた軍事協力体制が極東アジアの安全保障を守る上で必要不可欠であることは分かる。
                                       支那共産党の軍事力はすでに米軍を凌駕しつつあるが故、世界の警察を辞退したオバマにとって、なんとしても台湾を加えた4ヶ国で支那の脅威を抑止力で押さえ込む必要があるのであろう。しかし、台湾はともかく、南朝鮮との軍事協力は竹島から南朝鮮が即時撤退することが前提ではないだろうか。                               日本にとって何一つ利を得ることがない南朝鮮との協力関係など絵に描いた餅でしかないと断言する。                                    
いずれにせよ、今回の南朝鮮との合意で分かった事は、安倍晋三首相が言う戦後レジームの脱却どころか、戦後レジームが安倍首相そのものだったのかと思った次第である。

 

カテゴリー: 外交問題 最新投稿記事, 時事問題 最新投稿記事, 最新投稿記事 パーマリンク

コメントを残す